活動紹介:三木太極拳らく楽会(三木交流センター発表会)空手とコラボ?

 5月26日午後1時から5時まで、三木町地域交流センターで、空手教室、キッズ英会話、タヒチアンダンス、三味線と小唄、鍼灸師と合同で発表会を開催しました。

 我が 太極拳らく楽会 は、教室の生徒さんによる入門の演舞の後、空手キッズや会場の皆さんと入門の体験していただきました。


 空手キッズが、三木講師に力いっぱい拳を向けても、「あれれ?」気持ちと反対に三木講師の柔らかい手で倒されます。最後に空手の師匠との力比べ、体の小さい三木講師に転がされる師匠を見で、キッズたちも大興奮でした。


 太極拳で伝えていることと共通する点もたくさんあり、興味深いものでした。


 最後に鍼灸師の先生が考えたツボを押さえたりストレッチをしたりする動きの入った踊りを、あいみょんの「愛の花」の曲に合わせて踊りました。


 ほのぼのでアットホームな雰囲気の発表会でした。

 秋にも、開催できることを期待しています。

高松市武術太極拳連盟無料講習会が行われました。

小雨の降る中、たくさんの皆さんにご参加いただき市連盟の無料講習会が行われました。入門太極拳のグループと習熟度別にグループを分けて24式太極拳を学習しました。


しっかりと準備運動をおこない、万全の状態で学習を始めます。

普段から熱心に練習されているのがよく伝わってきます。


参加者の質問を受けて、やりにくいところを詳しく練習していきます。


お母さんと続けて参加してくれている女の子もどんどん上達しています。
若い人が太極拳に興味を持ってくれるのはとても嬉しいものです。

攬雀尾はどんな学習段階の人にも良い練習になるところです。


掤・捋・擠・按といろいろな要素があります。
ボールを使って太極拳特有のボールを抱えるイメージを体験します。

こちらのグループは、正しい動作と間違った動作をみてもらい、参加者の皆さんに考えてもらいました。

入門太極拳。太極拳がはじめましての方も楽しんでいただけたでしょうか?
すっかり様になっていますね!!

最後は参加者全員で入門太極拳と24式太極拳を集団演武しました。
大勢でひとつになって行う太極拳も気持ちいいですね。

次回無料講習会は9月22日(日)同じく高松市総合体育館で開催です。
たくさんの皆様のご参加をお待ちしています。

高松市武術太極拳連盟 32式太極剣講習会が行われました。

 

5月19日(日)高松市総合体育館にて市連盟32式剣の講習会が行われました。

基本のグループと套路を通せるグループに分かれて学習しました。

基本を学ぶグループは剣の基本的な用法から学びました。
持ち方、力点、実際に敵に対して何をしているかを丁寧に学びました。

難しい撩剣の用法を、交代で相手の腕を切り落とす想像をしながら剣の運びを練習しました。

剣の柄など、全体を使って攻撃に生かします。

何をしているかしっかり想像、敵を意識しながら行う皆さんの表情はお一人おひとり真剣そのものです。

難しくやりにくかった動作もアドバイスをもらってレベルアップされたことでしょう。みんなとっても格好いいですね!!

次回は9月22日の開催です。未経験でも剣をもっていなくてもご参加可能ですので次回の講習会もお気軽にご参加ください。

第2回24式・32式剣・推手レベルアップ/2段3段1次技能検定事前講習会ご案内

本年度2回目の 24式・32式剣・推手のレベルアップ及び
2段3段1次技能検定事前講習会のご案内です。

6月23日(日)高松市総合体育館 2F 第一武道場にて開催します。

なお      午前10:00~12:30と
        午後13:30~16:00の2部制となっています。

丸1日コースのご参加あるいは、どちらか片方半日コースのご参加どちらでも可能です。
また、午前と午後で種目を変更して申込されても構いません。

ご自身の学びたい内容やご都合によって、参加希望種目を第2希望までご記入の上、各団体の締切にご注意の上、奮ってお申し込みください。

たくさんの皆様のご参加をお待ちしています。

四国ブロック伝達講習会が開催されました。

4月7日(日)高松市総合体育館にて、四国ブロック伝達講習会(5段セミナー内容)が開催され、四国四県と岡山県からの参加者が集まりました。

2人組で推手の四正手の攻防を使っての練習です。

「掤(ポン)」、「埒(リュー)」、「擠(ジー)」、「按(アン)」の一つ一つの『攻める』と『受ける』或いは『受けた攻撃を返す』を交互に行っていきました。

相手と離れても、相手が行った動作のエネルギーが続いている限り、受ける側が向こうへ送られます。離れているのにちゃんと相手と『繋がっている』という太極拳ならではの不思議な感覚です。

決して手の力で相手を押さず、体の中を通る勁力を働かせ、聴いていきます。
虚領頂勁・捨己従人・用意不要力・・・もっとあるかなぁ…

自分が思っているよりもずっと丁寧に「相手を聴く」ことが大切だと学びました。

みんなとても真剣で、互いに和気藹々、一生懸命学習した一日でした。
集中力も頭も感覚も総動員で、とても濃い学びでしたが、難しいけれどとても面白く、太極拳の醍醐味を感じることのできる講習会でした。

引き続きそれぞれのところでいつもの相方と研鑽を重ねていきたいと思います。

高松市武術太極拳連盟無料講習会のご案内

5月19日(日)13:30~高松市武術太極拳連盟無料講習会を行います。
初めての方も気軽にご参加いただけます。また、日頃から親しまれている方もいつもと違う先生から学ぶチャンスでもあります。それぞれの習熟度にあった学習が可能です。お誘いあわせの上、お気軽にご参加ください。参加ご希望の方は、各教室の指導員までお声かけください。初めての方は、上記電話番号までお問い合わせくださいませ。

 

高松市武術太極拳連盟 太極剣講習会のご案内

5月19日(日)高松市総合体育館にて太極剣の講習会を開催いたします。
初めての方も参加可能です。剣の持ち方など基本を大切に、習熟度に応じて学ぶことができます。
ぜひ奮ってご参加ください。
お申込みは各教室の指導員にお声かけください。
たくさんの皆様のご参加をお待ちしています。

新套路伝達講習会(太極扇対練:続き)が行われました。

3月24日(日)、1月末の四国ブロック新套路伝達講習会(太極扇対練)の続きを学習するため、希望者を募り、追加の講習会がもたれました。

今回も岡山県や四国内からの参加者が集まり、皆さん熱心に学ばれました。

前回の套路を十分に覚えていないとい不安もありましたが、それよりも二人向き合って相手を想定しての動き・攻防・間合い・身法など、すぐに対練の面白さに引き込まれました。

相手から意識をそらさずにいると・・・

体が安定して行えたり・・・

打ち込んだけれど、相手にかわされたり・・・

お互いに、手だけで打つのではなく、足裏から勁力をつないで打ち込むと作用の仕方が全く違うことも感じられました。

相手の攻撃を感じるので、良いところに足も出ます。

太極拳の武術らしさ、攻防のおもしろさを感じることができました。

相手との間合いの取り方も太極拳の得意な「軸」を想定するとうまくいきます。

一緒に練習しているうちに、相手との息もぴったり合ってきますね。(^^♪

対練を通してたくさんの発見がありました。

日頃の太極拳にも活かせそうなことがたくさん見つかりましたね。

相手がいてこその発見があったと思います。一緒に練習できた仲間に感謝です。

高松市武術太極拳選手権大会が行われました。

3月17日(日)高松市総合体育館にて、高松市武術太極拳選手権大会が行われました。

24式太極拳  若い人も頑張っています。


かっこいい陳式太極拳


美しい謝公剣


息がぴったり 規定推手


受賞者みんなでパチリ!!

わが団体のキレイどころ勢ぞろいです。
また来年もたくさんの皆さんのご活躍を楽しみにしています。